« 徳島旅行② 祖谷 | トップページ | 経ヶ岬灯台 »

2015年5月 1日 (金)

徳島旅行③ 祖谷~大歩危~香川県

----徳島旅行②からの続き----

朝食前に、「祖谷のかずら橋」へ。
宿からかずら橋までは、歩いて10分くらい。目覚めのお散歩に、ちょうどいい距離です。

1505010002

かずら橋に向かう途中には、平家の落人達が昔日の古都の生活をしのびながら、滝の下で琵琶を奏で、つれづれを慰め合ったと伝えられている「琵琶の滝」があったりも。

そして、祖谷のかずら橋

1505010003

入場料500円を払って、橋を渡ります。ドキドキ。

1505010006r 1505010010 1505010008
足下のすきまは、奥祖谷かずら橋より、広いかしら、どうかしら?

かずら橋なんて、どちらか1つだけ行けばいいんじゃない?と思ってたけど、 「奥祖谷二重かずら橋」と「祖谷のかずら橋」、それぞれ違う雰囲気があったので、 やっぱり両方行ってよかったです。

1505010004

*-* かずら橋近くの川沿いの岩盤。

1505010013 1505010015

炭素繊維強化セメントを素材とした人口岩パネルで作られたもので、 右の写真の記念碑も、同じ素材でできているんだそう。 自然の岩そっくりで、びっくり。 *-*- そして。かずら橋に向かう途中の川沿いの食堂にも、案山子さんが。

1505010012


*-*-* 宿に戻って、朝ごはん。

1505010 1505010020 1505010021 1505010023 1505010024 1505010027 1505010028

シンプルだけど、おいしいお料理。品数も多くて、大満足。 特に、蕎麦米雑炊、気に入りました~。

*-*-*--*-*-*

宿を出て、大歩危峡へ。

1505010030 1505010031

観光遊覧船は、乗船料1080円。

1505010034 1505010035

乗る人が多く、船内がかなり混んでいて、ゆっくり景色を見ることができなくて、残念でした

*-*-*--*-*-*

香川県に移動して、観音寺市にある豊稔池(ほうねんいけ)へ。

1505010058 1505010054

大正15(1926)年に着工し、昭和5(1930)年に完成した、日本最古の石積式マルチプルアーチダム。 現在も、農地の水がめとして活躍しているそうです。

1505010055 1505010056
旧土砂吐樋門と旧中樋取水口。

堰堤を横から見ると、こんな感じ。

1505010062 1505010063

アーチ式堰堤とバットレス式堰堤の特徴を兼ね備えた先駆的な構造形式なんだそうですよ。

観音寺市>観光情報>豊稔池堰堤

*-*-*--*-*-*

うどん県でのお昼ごはんは、やっぱり讃岐うどんだよねー、ってことで、
大野原町にある「田舎うどん源」へ。

1505010070 1505010071

いただいたのは、肉ぶっかけ(小)。390円。
小と言っても、うどん1玉なので、それなりの量があります。
モチモチの麺に、甘辛い牛肉とたっぷりの出汁、めちゃうまでした。

*-*-*--*-*-*

お腹がいっぱいになったところで、琴弾公園へ。
お目当ては、ここの海岸にある、東西122m南北90m周囲345mの巨大な砂絵で描かれた「寛永通宝」。

1505010082 150501k

寛永10(1633)年に、丸亀藩主・生駒高俊公が領内巡察の際に、地元の古老達が領主を歓迎するために一夜で作り上げたと伝えられているそう。

「この銭形を見た人は、健康で長生きできて、お金に不自由しなくなる」と言われているらしいので、 毎日見られるよう、待ち受け画面用に、写メりまくっときました(笑)。

砂絵の近くまで行くこともできるけど(砂絵内は立ち入り禁止)、
横から見たら、ちょっと起伏のある、ただの砂山でした(^^;
1505010073 1505010074 1505010075

この視点で、あの銭形を作れるって、スゴイ…。

*-*-*--*-*-*

…ってなところで、観光終了。
愛媛に向かう家族と観音寺駅で別れ、大阪までプチ電車旅。

1505010090 1505010091 150501009000 Photo

普通列車でも行けなくはなかったけど、ちょっとだけ贅沢して、特急に乗車。

1505010092 1505010096

瀬戸大橋を電車で渡るのは初めて。

1505010094 1505010095

自動車で渡るのとはまた違った目線で見る景色にワクワクしました。

そういえば、岡山駅に来たのも初めてでした
1505010097

特急しおかぜの車内放送で「新発売」とアナウンスされていた「丸亀名物 骨付鳥弁当」。 岡山駅の売店でも売られていたので、買ってみました。1350円。

150501010 150501011

箱に書かれた説明によると、骨付鳥とは
「香川県丸亀市発祥の名物料理。
鶏の骨付きもも肉をニンニクなどが効いたスパイスで味付けし、まるまる1本焼き上げたもの。肉汁あふれるジューシーな味わいで一度食べたらやみつきになる逸品です。」だそう。

蒸気で温めるタイプのお弁当なので、ちょっとかさばるけど、
骨付鳥はアツアツで食べた方がおいしいですもんね。
鶏油が別添えになってるのもうれしいです。
車内で食べても迷惑にならない程度のスパイス加減で、おいしゅうございましたよ。

« 徳島旅行② 祖谷 | トップページ | 経ヶ岬灯台 »

旅行・地域」カテゴリの記事

四国(徳島・香川・愛媛・高知)」カテゴリの記事

カレンダーガール2003(全日本女子高生制服通り)7月 たまき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 徳島旅行③ 祖谷~大歩危~香川県:

« 徳島旅行② 祖谷 | トップページ | 経ヶ岬灯台 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ