« 竹原 (2017GW旅行 その②) | トップページ | 岩見畳ヶ浦(2017GW旅行 その④) »

2017年4月30日 (日)

西条で酒蔵めぐり (2017GW旅行 その③)

竹原から1時間ほど走って西条@東広島市へ。

170430s0001 170430s0007

JR西条駅周辺は、1km圏内に7つの蔵元がある酒蔵の町。
駅からも、ビルの間に酒蔵の煙突が見えます。

170430s000r 170430s0000

そうそう、西条駅1階にある売店「おみやげ街道 西条」では、
JR西日本と広島カープのコラボグッズが売られていたので、カープファンの家族のために一つ買ってみたり。

170430s00001

「駅長カープ坊や マイクロファイバークロス」410円(税込)
他にもチケットホルダーとかストラップとか、いろいろ売られてました。



…と、それはさておき、酒蔵めぐり。
思う存分試飲するために、ホテルのチェックインを済ませて、車は駐車場にとめ、酒蔵のあるエリアへGOです。

170430s0005jpg

見えてくる酒蔵の白壁と煙突に、「早く吞みたい~」と気持ちが高まりますが(笑)、
まずは「西条酒蔵通り観光案内所」で情報収集。

170430s0004 170430s0003

170430s0002 170430s0002r

こちらでは、この日の酒蔵の開放状況がチェックできたり、
酒蔵めぐりに便利な「西条酒蔵通りそぞろ歩きマップ」などのパンフレットがいただけたりします。

おみやげも売られていたので、手ぬぐい850円とTシャツ1,200円?を購入。

170430s00 170430s0019 170430s0



そして酒蔵へ…。

福美人(フクビジン)酒造

170430s0021r 170430s0025

全国の酒造業者の出資で大正6年に創業した蔵元で、
優秀な杜氏を育てて全国の蔵元に送り出したことから「西条酒造学校」と呼ばれたそう。

仕込み水は、龍王山の伏流井水、「美人の井戸」。
仕込み水も自由に飲むことができるので、未成年のジェニーはお酒ではなくてこちらを試飲です
仕込み水も、同じようでいて、それぞれ温度や味わいが違うので、飲みくらべるのが楽しかったですよ。

170430s0023 170430s0026

お酒の試飲は有料(1杯100円~300円)でしたが、蔵でしか飲めないお酒がいただけて、楽しかったです。

170430s0024 170430s0027

試飲したお酒が、フルーティーでとてもとてもおいしかったので、
それに近い大吟醸(360ml)を1本購入。



賀茂鶴(カモツル)酒造

170430s0030 170430s0008

170430s0031 170430s0032

大吟醸造りの先駆けと言われる蔵元だそう。
試飲できるお酒は、かなりたくさんの種類がありました。

170430s0013 170430s0012

仕込み水は、龍王山の伏流井水「福神井戸」。



亀齢(キレイ)酒造

170430s0043 170430s0040

明治30年頃に「亀は万年」の言葉のごとく長命と繁栄を願って命名したという蔵元。
仕込み水は、地下14mからくみ上げられているという「万年亀井戸」。

 170430s0041 170430s0045

甘口のお酒が多い広島県ですが、亀齢酒造さんは辛口のお酒を造る蔵元だそう。
すっきりと飲みやすく、幅広い肴に合いそうな蔵元限定酒「吉田屋」1,620円を購入。

西條鶴(サイジョウツル)酒造

170430s0050 170430s0051
170430s0052 170430s0055

仕込み水は創業時に掘られたという「江戸天保井水」。

酒蔵限定の無濾過純米生酒・西條鶴を購入。



白牡丹(ハクボタン)酒造

170430s 170430s0060

延宝3(1675)年創業の蔵元。
試飲できるお酒が紙パックのもの(「白牡丹 広島の酒」)だったけど、
庶民的なお酒がウリの蔵元さんなのかな?



山陽鶴(サンヨウツル)酒造

170430s0080

この日は酒蔵開放をしていなかったので、外観だけ



そういえば、賀茂泉(カモイズミ)酒造も、
煙突を撮って、酒泉館の中をちらっと覗いただけだったよ

170430s0009

ってなところで、酒蔵めぐり終了。

ぐるぐる歩き回っているうちに、どこかどこだかわからなくなったりしたので、
情報を整理して、また巡ってみたいな。

170430s0006 170430s007r

酒蔵通り沿いにあった「メゾン・ド 酒蔵通り」、ちょっと住みたくなりましたよ。



夜は駅近くの居酒屋さんへ。

◆居酒屋 路

170430s010r Img_2916

目星を付けていたお店や、ホテルで教えてもらったお店がどこもお休みだったので、
消去法で決めたお店でしたが(←失礼)、これが大アタリ

老夫婦おふたりで切り盛りしているようで、席は10席足らずのカウンターだけ。

壁にお品書きはあるけど、お値段は書かれてなくて、
注文していないものも出してくれたりと、メニューはあるようなないような感じでしたが、
牛すじ煮込みやおでん、お刺身など、おいしくて大満足。

170430s011 170430s012 

170430s013 170430s014

170430s015 170430s016

特に、峠下牛のテールのだしで煮込んでいるというおでんは絶品でした。

ふたりで、飲んで食べて9,000円弱。
ほわんと温かい雰囲気で、居心地も良く、とてもいい夜が過ごせました。



この日、泊まったのは、HOTEL VAN CORNELL(ホテルヴァンコーネル)。

酒蔵通りまでは歩いて10分足らず。
駐車場も広く(市営駐車場を利用)、お部屋も明るく清潔。
朝刊サービスもあって便利でした。

170430s050

170430s052 170430s053

朝食はハーフバイキング方式。和食派も洋食派も満足の味と品数でした。

« 竹原 (2017GW旅行 その②) | トップページ | 岩見畳ヶ浦(2017GW旅行 その④) »

お人形教室ジェニー」カテゴリの記事

中国地方(鳥取・島根・山口・岡山・広島)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西条で酒蔵めぐり (2017GW旅行 その③):

« 竹原 (2017GW旅行 その②) | トップページ | 岩見畳ヶ浦(2017GW旅行 その④) »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ