« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

西条で酒蔵めぐり (2017GW旅行 その③)

竹原から1時間ほど走って西条@東広島市へ。

170430s0001 170430s0007

JR西条駅周辺は、1km圏内に7つの蔵元がある酒蔵の町。
駅からも、ビルの間に酒蔵の煙突が見えます。

170430s000r 170430s0000

そうそう、西条駅1階にある売店「おみやげ街道 西条」では、
JR西日本と広島カープのコラボグッズが売られていたので、カープファンの家族のために一つ買ってみたり。

170430s00001

「駅長カープ坊や マイクロファイバークロス」410円(税込)
他にもチケットホルダーとかストラップとか、いろいろ売られてました。

bottle

…と、それはさておき、酒蔵めぐり。
思う存分試飲するために、ホテルのチェックインを済ませて、車は駐車場にとめ、酒蔵のあるエリアへGOsign01です。

170430s0005jpg

見えてくる酒蔵の白壁と煙突に、「早く吞みたい~」と気持ちが高まりますが(笑)、
まずは「西条酒蔵通り観光案内所」で情報収集。

170430s0004 170430s0003

170430s0002 170430s0002r

こちらでは、この日の酒蔵の開放状況がチェックできたり、
酒蔵めぐりに便利な「西条酒蔵通りそぞろ歩きマップ」などのパンフレットがいただけたりします。

おみやげも売られていたので、手ぬぐい850円とTシャツ1,200円?を購入。

170430s00 170430s0019 170430s0

bottle

そして酒蔵へ…。

福美人(フクビジン)酒造

170430s0021r 170430s0025

全国の酒造業者の出資で大正6年に創業した蔵元で、
優秀な杜氏を育てて全国の蔵元に送り出したことから「西条酒造学校」と呼ばれたそう。

仕込み水は、龍王山の伏流井水、「美人の井戸」。
仕込み水も自由に飲むことができるので、未成年のジェニーはお酒ではなくてこちらを試飲ですcoldsweats01
仕込み水も、同じようでいて、それぞれ温度や味わいが違うので、飲みくらべるのが楽しかったですよ。

170430s0023 170430s0026

お酒の試飲は有料(1杯100円~300円)でしたが、蔵でしか飲めないお酒がいただけて、楽しかったです。

170430s0024 170430s0027

試飲したお酒が、フルーティーでとてもとてもおいしかったので、
それに近い大吟醸(360ml)を1本購入。

bottle

賀茂鶴(カモツル)酒造

170430s0030 170430s0008

170430s0031 170430s0032

大吟醸造りの先駆けと言われる蔵元だそう。
試飲できるお酒は、かなりたくさんの種類がありました。

170430s0013 170430s0012

仕込み水は、龍王山の伏流井水「福神井戸」。

bottle

亀齢(キレイ)酒造

170430s0043 170430s0040

明治30年頃に「亀は万年」の言葉のごとく長命と繁栄を願って命名したという蔵元。
仕込み水は、地下14mからくみ上げられているという「万年亀井戸」。

 170430s0041 170430s0045

甘口のお酒が多い広島県ですが、亀齢酒造さんは辛口のお酒を造る蔵元だそう。
すっきりと飲みやすく、幅広い肴に合いそうな蔵元限定酒「吉田屋」1,620円を購入。

bottle

西條鶴(サイジョウツル)酒造

170430s0050 170430s0051
170430s0052 170430s0055

仕込み水は創業時に掘られたという「江戸天保井水」。

酒蔵限定の無濾過純米生酒・西條鶴を購入。

bottle

白牡丹(ハクボタン)酒造

170430s 170430s0060

延宝3(1675)年創業の蔵元。
試飲できるお酒が紙パックのもの(「白牡丹 広島の酒」)だったけど、
庶民的なお酒がウリの蔵元さんなのかな?

bottle

山陽鶴(サンヨウツル)酒造

170430s0080

この日は酒蔵開放をしていなかったので、外観だけcoldsweats01

bottle

そういえば、賀茂泉(カモイズミ)酒造も、
煙突を撮って、酒泉館の中をちらっと覗いただけだったよcoldsweats01

170430s0009

bottle

ってなところで、酒蔵めぐり終了。

ぐるぐる歩き回っているうちに、どこかどこだかわからなくなったりしたので、
情報を整理して、また巡ってみたいな。

170430s0006 170430s007r

酒蔵通り沿いにあった「メゾン・ド 酒蔵通り」、ちょっと住みたくなりましたよ。

bottle

夜は駅近くの居酒屋さんへ。

◆居酒屋 路

170430s010r Img_2916

目星を付けていたお店や、ホテルで教えてもらったお店がどこもお休みだったので、
消去法で決めたお店でしたが(←失礼)、これが大アタリhappy02

老夫婦おふたりで切り盛りしているようで、席は10席足らずのカウンターだけ。

壁にお品書きはあるけど、お値段は書かれてなくて、
注文していないものも出してくれたりと、メニューはあるようなないような感じでしたが、
牛すじ煮込みやおでん、お刺身など、おいしくて大満足。

170430s011 170430s012 

170430s013 170430s014

170430s015 170430s016

特に、峠下牛のテールのだしで煮込んでいるというおでんは絶品でした。

ふたりで、飲んで食べて9,000円弱。
ほわんと温かい雰囲気で、居心地も良く、とてもいい夜が過ごせました。

bottle

この日、泊まったのは、HOTEL VAN CORNELL(ホテルヴァンコーネル)。

酒蔵通りまでは歩いて10分足らず。
駐車場も広く(市営駐車場を利用)、お部屋も明るく清潔。
朝刊サービスもあって便利でした。

170430s050

170430s052 170430s053

朝食はハーフバイキング方式。和食派も洋食派も満足の味と品数でした。

竹原 (2017GW旅行 その②)

尾道から海沿いに走って竹原へ。

17043010001r

竹原は、古くから瀬戸内の交通の要衝として発展し、江戸時代後期には製塩業で栄えた港町で、
「安芸の小京都」とも呼ばれているそう。

アニメ「たまゆら」の舞台にもなったということで、
道の駅たけはらには、「たまゆら」のキャラが描かれた大きなパネルもありました。

clover

道の駅の駐車場に車をとめさせてもらって、町並み保存地区へ。

17043010002

町並み保存地区には、江戸中期から明治期に建てられた町家が並び、しっとりと落ち着いた雰囲気です。

17043010003 17043010005
17043010013 17043010007

初代郵便局跡には、明治4(1871)年の郵政事業創業当時に使用されていたのと同じ型のポスト(書状集箱)が。
集配も行われているそうなので、ここから手紙を出してみるのもいいかも。

clover

「竹鶴酒造」は、NHK連続テレビ小説「マッサン」のモデルにもなった竹鶴政孝の生家。

17043010006 17043010014

近くの広場には、政孝さんとリタさんの銅像もありましたよ。

政孝さんはウイスキーを造りに北海道に行ってしまったけど、
「竹鶴酒造」は、現在も「清酒竹鶴」や「小笹屋竹鶴」といった日本酒を造っているそうです。

clover

「普明閣」は、京都の清水寺を模して建立されたという観音堂。
西方寺というお寺の高台にあります。

17043010008 17043010009

17043010010 2017_05060038

17043010011

境内から眺めた竹原の町は、どこか懐かしい雰囲気。

clover

賴惟清(らい ただすが)旧宅。

17043010016

17043010018 17043010019

飾られていた節句飾りが、ちょっと変わってて可愛かったです。

あ、頼惟清は、江戸時代後期の文人・頼山陽(らい さんよう)の祖父だそう。
頼山陽という人を知らなかったけど、九州の耶馬渓を命名したりもしている人なんですね。
今度ゆっくり調べてみようpencil

clover

藤井酒造の酒蔵交流館。

17043010020

17043010022 17043010021

こちらでは酒蔵オリジナルブレンドの「龍勢 番外品」1,850円と利き猪口グラス700円を購入。

clover

道の駅たけはらに戻って、ソフトクリームでおやつ。

17043010023 17043010024

たけはらキャンベルぶどう300円(JAFカード提示で250円)。

竹原では古くからブドウ作りも行われていて、このソフトクリームにも竹原産のキャンベルぶどうが使われているそう。
甘酸っぱくて、後口すっきり。とてもおいしかったです。

clover

お昼ごはんは、車でちょこっと移動して、こちらのお店へ。

◆お好み焼き 御幸(みゆき)

17043010030

昭和47年創業のお好み焼き屋さん。
いただいたのは、肉、えび、いか、たまごが入った「御幸」1,130円(税込)と、
純米吟醸の酒粕が入った「たけはら焼スペシャル」1,290円(税込)。

17043010032r 17043010031

お好み焼きは広島風で、そばかうどんが選べます。
御幸はそばで、たけはら焼は、うどんでチーズトッピングがおすすめというので、それをお願いしました。

17043010033 17043010034

どちらも具がたっぷり。見た目より食べごたえあります。

御幸は、オーソドックスなおいしさ。
たけはら焼は、酒かすの風味が思っていたより濃く、うどんのもちもちさと、チーズの香ばしさで、こっくりとしたお味。
どちらもとてもおいしかったです。

clover

竹原散策のおともに。

◆神様のいたずら 中島愛

 

アニメ「「たまゆら~hitotose~」のエンディングテーマで、作詞作曲は大江千里氏。

PVは竹原の町で撮影されているようですね。
ゆったりした優しい曲と可愛らしい声が、竹原の町並みにピッタリです。

尾道で朝ごはん (2017GW旅行 その①)

ゴールデンウィークclub

と言っても、私の場合は、お休みではなくて、契約更新に伴う短期失業中sweat02なんですが(^^;、
まあ、せっかくの長いお休みだしってことで、5泊6日で広島~島根を旅行してきました。

*-*-*

一日目は、広島県東広島市をめざします。
まずは尾道に立ち寄って朝ごはん。

尾道駅周辺には、お手頃なお値段のコインパーキングも多いので、
車で行ってものんびり散策できました。

17043000000r

尾道といえば、映画「転校生」に「時をかける少女」。
制服姿の女子学生も、なんだか特別感がある気がしますね。

17043000002

海沿いを走る黄色い電車には、
仲間由紀恵が「海が見えた。海が見える。…」と林芙美子の「放浪記」の一節を朗読する
JR西日本のCMを思い出したり(^^;

JR西日本CMギャラリー

17043000r 17043000001r

連絡船が行き交う尾道水道は、川のように見えるけど、海。
向かいに見えるのは向島(むかいしま)。

1704300003

遊歩道には、こんなかわいらしい?水飲み場も。

商店街は、ちよっぴりレトロな雰囲気。
朝早かったので、ほとんどのお店が開店前でしたがcoldsweats01

1704300004 1704300006

 1704300008 1704300007r

事務用品店には、京セラの電子コピスター複写機、武藤工業の設計機械ドラフター、カシオの電子計算機の看板が。
1970年代~80年代のものかしらん?

cloverclover

朝食は、海岸通りにあるこちらのお店で。

◆fresh juice&sandwich フルール

1704300009r

朝7時からオープンしているそう。

いただいたのは、
モーニングセットの塩ハニートーストセット(珈琲or紅茶orオレンジジュース付)700円。

1704300010 17043010

塩ハニートーストには、フルーツがごろごろ入ったヨーグルト付。

横に写ってるのは、家族がオーダーしたたまごサンドセット700円。
こちらにはヨーグルトではなくてサラダが付いてました。

青い海と行き交う船を見ながら、ゆったりした気分で朝食がいただけましたhappy01

2017年4月15日 (土)

お花見

1704150004

桜咲く季節。

今年は、週末になるとお天気が悪くなってしまい、なかなかお花見ができなかったけど、
やっぱり一度はお花見しないと!ってことで、ダメ元で福井県おおい町の桜並木へ。

午前中は雨模様で、お花見はムリかなあと諦めかけたけど、
午後からは日も射してお花見日和に。

青空に映える桜を楽しむことができました。
(そして、この後、またまた大雨にsweat01

1704150003r

1704150001 170415011

1704150007jpg

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ