« 2017年6月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年8月

2017年8月13日 (日)

金沢

「べるもんた」に乗った後は、新高岡駅から北陸新幹線に乗って金沢へ。

1708130001r 1708130003_2

1708130004_2 1708130005

新高岡から金沢までは1駅、約15分の旅。
自由席でも余裕で座れました。

金沢駅に到着~。

1708130006r

駅前には、鼓門がどどーんと。

夏休み、それもお盆期間ということもあって、駅周辺は人がいっぱい(@_@)
ちょっとめげそうになったけど、とりあえず観光案内所でバス一日乗車券500円を買い、
まずは長町武家屋敷跡へ。

1708130009 1708130007

17081300080 1708130015_2

大野庄用水が流れる町並みは、京都の社家の町並みに似ているなー、なんて思いつつ、あちこちふらふら。

野村家は、加賀百万石の城下町で、代々奉行職を歴任した加賀藩士・野村伝兵衛信貞の屋敷跡だそう。
見学料は500円(バス一日乗車券提示で50円引き)

1708130010 1708130011

屋敷内は、思っていたよりこぢんまりした感じ。

1708130013 1708130014

ミシュランの観光地格付けで2つ星に選ばれ
庭園は、米国の庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」誌の日本庭園ランキングで、
第3位に選ばれたということですが、人が多すぎたせいか、良さがいまいちよくわからず…でしたcoldsweats01

お次は、ひがし茶屋街へ。

1708130022r 1708131

べんがらの赤色が映える町並みはとてもステキでしたが、人が多くて人形が出せなかったので、
撮影場所を求めて主計(かずえ)町茶屋街へ(笑)。

1708130020r

浅野川大橋からの眺めは、ちょっぴり飛騨高山に似ているような?

主計町茶屋街は、ひがし茶屋街とはまた違った雰囲気。

17081320023 17081320025

1708130024r

「主計」で「かずえ」。知らなかったら読めないよね。

街中では、こんな自販機を見かけたりも。

1708130

方言を話す自販機、まだあったんですねー。
なにか買ってみればよかったかな。

*-*-*

夕食は、加賀百番街のお店で金沢おでん。

17081320030

17081320031r 17081320032rr

17081320033r 17081320034r

食後の甘味は、同じ加賀百番街にある「不室屋カフェ」で。

17081320040

甘味三種とお茶1,296円(税込)

そして、コンビニで買った加賀棒茶を飲みながら、サンダーバードで大阪に戻りました。

17081320050 17081320051r 

17081320052 17081320053

次は、もうちょっと空いてる時期に行って、もっとゆっくり観光したいわ。

べるもんた

富山県の城端線と氷見線を走る観光列車「ベル・モンターニュ・エ・メール」(愛称べるもんた)に乗ってきましたtrain

城端線・氷見線観光列車 ベル・モンターニュ・エ・メール~べるもんた~

1708130001

今回同行したのは、リカちゃんの妹「ようちえんミキちゃん」。

夏休み&電車の旅だったので、荷物をなるべく少なく&あまり目立たないようにと、採用してみました(笑)。
ポーズはあまりつけられないけど、持ち歩くのも取り出すのもお手軽で便利だったので、
これからは、このコの出番が増えるかも。

と、それはさておき。

今回乗ったのは、新高岡~氷見を走る「ベル・モンターニュ・エ・メール1号」と「ベル・モンターニュ・エ・メール3号」。
1号で氷見まで行き、3号で新高岡に戻りました。

2017_08130279 1708130002

1708130003 1708130r

新高岡駅の城端線(じょうはなせん)のりばから乗車です。

1708130000

車内はこんな感じ。

1708130024 170813012r

1708131r

1708130004 17081300

つり革の持ち手は、高岡銅器をイメージした銅箔、
仕切り板に飾られているのは、南砺市の伝統工芸品「井波彫刻だそう」。

車内では、きっぷホルダーになる「記念乗車証」をいただきました。

1708130006 1708130007r

車窓からの眺めは普通だなあ、なんて思っていたら、雨晴(あまはらし)海岸で、すばらしい景色が!

1708130010r

170813000 1708130011r

青い空、青い海、白い雲。
眺めのいい場所で一時停車してくれるので、ステキな景色をじっくり眺めることができました。

そして、「氷見市海浜植物園」では、「歓迎 べるもんた」の幟が立てられ、
手を振ってお見送りしてくれる人達がいましたhappy01

1708130014r

氷見駅到着~。

2017_08130338

1708130015 1708130017

ここで一度下車。
氷見駅をちょっとだけ見て、11:05発の「ベル・モンターニュ・エ・メール3号」(車両は同じ(^^;)に乗ります。

1708130016 170813017

「べるもんた」には、すし職人さんも乗っていて、
予約をしておくと、職人さんが車内で握った「ぷち富山湾鮨セット」がいただけます。

1708130019r 1708130018

1708130020

富山湾の新鮮な海の幸を使った鮨5貫に、氷見はとむぎ茶が付いて2,000円(税込)。

お寿司は、ネタが濃厚な味わいで、超美味。
5貫でも大満足happy02でした。

「とやま鮨」さんは、富山駅前や富山きときと空港のターミナルビルにお店があるそう。
いつか行って、思う存分食べてみたいなあ。

1708130022

雨晴海岸の絶景を眺めながら、おいしいお鮨がいただけるなんて、サイコーhappy02

高岡駅では、到着ホームと発車ホームが違うため、列車が駅構内を移動します。

2017_08130352 17081300230

170813201

私は、乗ったまま構内移動を味わいましたが、
家族は一度降りて、写真を撮りながらホームを移動して、再乗車してましたよ(←ものずき(笑))。

新高岡駅到着~。

1708130025r

また乗りに行けるといいな。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年11月 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ