« 2017年8月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年11月

2017年11月25日 (土)

近江鉄道乗りまくり

晩秋の一日maple
滋賀県の湖東地方を走る近江鉄道に乗ってきましたtrain

(鉄道に詳しくないので、いろいろ間違ってたらゴメンナサイsweat01
……と、先に謝っておくよbleah

近江鉄道

 1711250002

近江は、西武グループの創始者、堤康二郎(つつみやすじろう)氏の出身地。
そして、「近江鉄道」は、その西武グループの会社ということで、
電車の車両には、西武鉄道で走っていた中古車両を改造したものが多く使われているそう。

大阪に来る前は、西武鉄道の本拠地・所沢に住んでいたので、
遠くに嫁いだ昔の友達に会いにいくような、そんな気分(笑)。

1711250001r

今回利用したのは、土日・祝日に利用できる1DAYスマイルチケット。
おとな880円で、近江鉄道全線1日乗り放題と、とてもオトクです。

*-*-*

まずは近江八幡駅から、万葉あかね線に乗車。

1711250003r 

 1711250004r  Imgp0468
Imgp0477 1711250005r

乗ったのは近江鉄道800系電車。もとは西武の401系だそう。
近江鉄道は、無人駅が多い&ワンマン運転なので、整理券発行機が付いてます。

*-*-*

八日市駅で下車。

1711250009r

この駅で降りたのは、「赤電」仕様の820型電車を撮影するため。

「赤電」というのは、西武レッドと西武ベージュのツートンに塗り分けられた電車の通称で、
西武鉄道では、1960年代から1990年代まで活躍していた電車。
生まれたときから西武線沿線暮らしのアラカン家族曰く
「西武電車と言ったらこの色!」だそうです。

1711250007 Imgp0483

近江鉄道でも、1960年代から1980年代まで「赤電」が活躍していて、
当時は、近江鉄道の電車も、赤色がイメージカラーだったそう。

この「赤電」は、近江鉄道の創立120周年を記念して、
昭和42年に西武所沢工場で作られた車両を、当時の塗装にしたもの。

ホントは、この電車にも乗りたかったんだけど、この日の運行は
「朝、彦根駅を出て八日市駅に9時27分着で終わり」でした。

*-*-*

いったん駅の外へ。
駅構内では、近江鉄道マスコットキャラクターの「駅長がちゃこん」パネルがお出迎え。

1711250010r

「がちゃこん」は、近江鉄道が「ガチャコン電車」と呼ばれていることから。
走行音が「ガチャガチャ」うるさいから「ガチャコン電車」なんですってhappy02

*-*-*-restaurant-*-*-*

ランチは、八日市駅から歩いて5分くらいのところにある洋食屋さんで。

◇ABC食堂 Aランチ 1,350円

1711250011r 1711250012r

1925年創業。滋賀県で二番目に古い洋食屋さんだそう。
Aランチは、ハンバーグ、コキール、エビフライのセットに、スープ、ライスorパン付。

しっかりした食感で、ごはんがすすむ味付けのハンバーグ、
ぷりぷりのエビフライ、具たっぷりのシチューのようなコキールに、
ドレッシングがおいしいサラダもたっぷり。

おいしくて大満足のランチでした。

*-*-*-*

ランチの後は、てくてく歩いて新八日市駅へ。

1711250014 1711250015

1711250017r 1711250016r

もともとは、「湖南鉄道・八日市口駅」で、駅舎は、1922年(大正11年)に建てられたもの。
湖南鉄道の本社が置かれていたこともあるそうです。

1711250019 1711250020

レトロな木造駅舎、長く残っていてほしいですね。

*-*-*-*

てくてく歩いて、八日市駅へ戻ります。
(八日市駅-新八日市駅は、歩いても10分くらい)

1711250021

途中、「赤電」がよく見える場所があったので、またまた撮影。

17112510

「おーい、お茶」ラッピングの800形電車も停まってました。

八日市駅前には、ライオンズマークの付いた西武カラーのバスもいましたよ。

1711250023

*-*-*

八日市駅から、彦根・多賀大社線に乗車。

1711250024r 1711250025r

西武の新101系電車だった近江鉄道100形電車。
車体の水色は、琵琶湖をイメージしているそう。

高宮駅で乗り換えて、多賀大社前駅方面へ。

1711250029 1711250030

お隣の駅は「スクリーン」。

変わった名前の駅だなあ、と思ったら、
「大日本スクリーン製造(現・SCREENホールディングス)」という会社が、
従業員の自動車通勤率を抑えてCO2排出量を軽減するとともに、
周辺道路の交通渋滞を緩和するため、費用を提供して、設置した駅だそう。

1711250031 

17112520 1711250032

高宮から乗ったのは、近江鉄道900形電車。
「淡海(おうみ)号」の愛称が付いているようです。

「淡海」なのに、イルカのイラストなのはナゼ?(笑)

*-*-*

高宮駅には、改造前で、西武のマークがついたままの車両が留置されていたりも。

1711250034

車両に草が巻き付いているところに、ちょっぴりもの悲しさを感じますがsweat02
第二の人生(?)もがんばってほしいです。

17112511r

この写真だけ見たら、小手指車両基地?と思ってしまいそうcoldsweats01

近江鉄道は2両編成なので、これだけあったら何編成作れるかしら?

*-*-*-*

多賀大社駅で降りて、多賀大社へ。

参道には、多賀町マスコットキャラクター「たがゆいちゃん」の飛び出し注意看板。

1711250049

舟橋聖一の小説「花の生涯」のヒロイン、村山たか女が幼少時に住んでいたとされる家?もありましたよ。

1711250047 1711250048

「花の生涯」は、NHKの大河ドラマの第1作にもなったそう。
昭和38年放送で、たか役は淡島千景。
…って、もう半世紀以上前の話になるんですねえwobbly

*-*-*

多賀大社は、「お多賀さん」の名で親しまれている滋賀県第一の大社で、
祀られているのは、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)。

1711250035r 1711250036r

1711250038r 1711250037

1711250042


豊臣秀吉が母大政所の病気平癒のお礼として寄進したといわれる大きな石のそり橋があったり、
維新前に、当時、多賀大社の大祢宜だった車戸宗功が、
長州や土佐の志士らと密議を行ったという文庫があったり。

奥書院庭園も、豊臣秀吉の寄進によるもので、安土桃山時代作庭の池泉鑑賞式庭園。
庭園拝観料は300円。

1711250039 

1711250041 1711250040

書院の廊下から見下ろすように作られた、珍しいタイプの庭園なんだそう。

*-*-*

お参りした後は、名物の糸切餅を。

1711250045r 1711250046

糸切餅を作っているお店は3つあるそうですが、今回は「元祖」という「莚寿堂本舗」へ。

糸切餅は、1人前(2ヶ)100円。
店内にはイートインスペースがあって、セルフサービスでお茶もいただけます。

やわらかいお餅の中に、ほんのり塩味のこしあん。
さらっと食べられるおいしさでした。

100円で、お茶を飲みながらのんびり休憩できて、よかったです。

多賀大社門前 糸切餅 元祖莚寿堂本舗

*-*-*-*

多賀大社駅に戻り、再び彦根・多賀大社線に乗って高宮へ。

1711250050r 2017_11250143

1711250051r 1711250055r

乗ったのは、近江鉄道700形電車の「あかね号」。
西武401系電車を1年がかりで改造したものだそうです。

今回最初に乗った黄色い電車も、もとは西武の401系ということなので、
くらべると、こちらの大改造具合がよくわかります(笑)。

車内はクロスシート。
このタイプの車両は、1編成しかないそうなので、乗れてラッキーでしたheart

*-*-*

高宮駅で水口・蒲生野線に乗り換えて、貴生川で近江鉄道の旅はおしまい。

1711250058

がちゃがちゃと音を立てて走る電車に揺られて、のんびり気分のショートトリップでした。
次回は「赤電」にも乗りたいなtrain

« 2017年8月 | トップページ | 2018年1月 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ