ANAオリジナルCAリカちゃん

2018年2月17日 (土)

七釜温泉かに旅行

冬になると行かずにはいられない(笑)カニ食べ旅行。
今年は、兵庫県新温泉町の七釜温泉へ行ってきましたcancer

七釜温泉は、新温泉町にある浜坂温泉郷と呼ばれるの三つの温泉地のうちのひとつ。
浜坂温泉郷でいちばん最初に発見された温泉だそう。

18021700010 1802170002

今回のお宿は、「あかね荘」さん。
もともとは別荘として建てられたおうちという、1日3組限定のお宿です。

宿泊プランは、じゃらんの「浜坂港水揚げ活松葉かに+旬肴~★山陰但馬◎満足プラン~★ ㊥サイズ (若旦那1押し♪プラン」(大人1名28,000円)を利用しました。

お部屋は、バス・トイレ無しですが、、館内はお掃除が行き届いていて、居心地抜群。
暖かみがある和室も、とても落ち着きます。

1802170003

1802170002r 1802170004r

窓から見えるのは、雪景色。
こたつに入って、お茶菓子をいただき、ほっこり。

お風呂は二つあって、どちらも源泉掛け流し。
ちょっびり熱めで、じんじんとよく温まるけど、湯上がり感はすっきり軽くて疲れない、とても気持ちのいいお湯です。

1802170004 1802170005r

1802170007r 1802170006

この日は、宿泊者が2組しかいなかったので、貸し切りで、新鮮なお湯にのんびり浸かることができました。

夕食は、大広間(といっても、一部屋には一組だけhappy01)で。

1802170008

マタタビの食前酒に、ゆでカニと、梅貝の酢味噌和え。

1802170011 
1802170016 1802170012

お刺身は、カニにボタンエビにアカイカにフグにアカカレイ。

アカカレイは、酒で炒った卵をまぶした「子まぶり」というもので、
このあたりでは、お正月などのハレの日に食べるお料理なんだとか。
こうしておくと、お刺身でも三が日は持つんだそうです。

こういうその土地独特の郷土料理が食べられると、なんだかトクをした気分になりますね。
厚めに切られたお刺身がじんわり甘くて、めちゃうまでした。

蟹味噌は炭火で甲羅焼きに。
  
1802170013  1802170015

とろ~り濃厚、超美味。

鍋用のカニもどどーんと。

1802170014 1802170005

リカちゃんと並べたら、カニの大きさがわかるかな?(笑)

生きのいい活カニなので、殻から身がびょーんと外れます。感激。

1802170017 

18021701802170018

しゃぶしゃぶでも、焼きても、お好きにどうぞとのことだったので、
しろかぶの部分は焼いて、ほぐして、雑炊に入れたりも。

しゃぶしゃぶは、やさしい味のお出汁がまたおいしくて。

お酒を入れて炙った甲羅は、もうサイコー!でしたhappy02

1802170006r
あ、リカちゃんは、まだ子どもなので、お酒はナシよbleah

〆の雑炊セットには、烏骨鶏のたまご。

1802170019 1802170020

女将手作りのりんごのシャーベットで、ごちそうさま!

1802170007rr 0

完食記念にパチリ(笑)。

多すぎず少なすぎずのほどよい量で、かにを最後まで丁寧においしくいただくことができてよかったです。
(といっても、食後しばらくは動きたくないくらいの満腹感だったけどcoldsweats01)。

翌朝の朝食も大広間で。

1802170021

1802170022 1802170023

ごはんもお味噌汁も茶碗蒸しも蟹入り。
どれもじんわりやさしいお味で、とてもおいしかったです。

壇蜜似?smileの女将のキャラもステキで、とても居心地のいいお宿でした
浜坂は、ホタルイカでも有名ということなので
(ホタルイカというと富山というのイメージがあるけど、水揚げ日本一なのは浜坂港なんだって)、季節を変えてまた泊まってみたいなー。

*-*-*-*

帰りは、浜坂漁港で行われていた「浜坂みなと海鮮祭り」へ。

1802170024 1802170027


1802170028 18021700291802170030

はたはたをプレスして焼いた「はたはたぺったん焼き」2枚で100円を買ったり、
ボイルミズカニ1杯1000円を買ったり。

1802170032r 1802170033

ミズカニというのは、脱皮して間もないズワイガニのことだそう。
まだ身が詰まりきっていないので、味は淡泊だけど、
殻が柔らかいので、おうちでも簡単に食べられてよかったです。

*-*-*-*

そして、かにの魚醬を使ったソフトクリームを食べに、
但馬漁業協同組合香住支所の直売施設「遊漁館」へ。

1802170035 1802170036

かにしょゆとクリーム380円。

香住ガニ(ベニズワイガニ)をまるごと原料に使用したかに魚醬が使われているそう。
かにの臭みは全くなく、カラメルのような香ばしさと、甘塩っぱさが、塩キャラメルのようで、とてもおいしかったです。
ただ、店内で食べるのは、かなり寒かったので、
食べるなら冬の蟹シーズンより夏の海水浴シーズン方がいいかも(笑)。

2016年2月26日 (金)

清水焼の工房へ

京都・清水寺の近くにある『兄妹工房 彩麗(きょうだいこうぼう さいれい)』さんの
アトリエ&ショップにお邪魔しました♪

兄妹工房 彩麗

1602260001r 1602260002
写真だと、普通の陶器のようにも見えますが、
こちらの工房で作られているのは、ミニチュアサイズ(1/12)の清水焼。
小さくても、成形はロクロ、絵付けは手描きという本格派です。

撮影許可をいただいたので、リカちゃんと一緒に撮ってみたけど、
小ささは伝わるかしら?
1602260003

兄妹工房 彩麗にて
精巧な作り&繊細な絵柄の器は、見ているだけでワクワク。

売り物の酒徳利を持たせてもらうと、こんなサイズ感(ピンぼけ写真ですが)。
1602260004rr 16012600r
(あ、リカは未成年なので、お酒は飲めませんcoldsweats01 お酒は二十歳になってからdanger

*-*

品物が素晴らしい分、お値段も張るので、迷いに迷って、土鍋をひとつ購入。2700円。
1602260005 1602260006
(後ろに写っている野菜は、リーメントのミニチュア)

1602260007r
寒い夜は、温かい鍋物なんていかが?

*-*

1602260009 1602260008
こちらのストラップは1200円。
この小ささで、ロクロ成形って、スゴイ!

*-*

「兄妹工房 彩麗」さんは、毎月21日に東寺で開催される弘法市や、
秋に開催される「清水焼の郷まつり」などにも出店されているそうです。
次は、そちらにも行ってみようかな。

2016年2月20日 (土)

京都・「味野里香(みのりこ)」

新町御池にある、京都らしい素材のお料理と、それによく合う日本酒をいただける、お気に入りのお店。

160120001

160120005 160120004

160120006

2月末でいったん閉店して、お店を移転されるというので、
今のお店の思い出にと、店内で人形写真を撮らせていただきました。

1602201r

1602202r

「リカちゃん、割烹の若女将になる」の巻。
新しいお店が開店したら、雇ってもらおうかしら?(笑)

2015年11月29日 (日)

和歌山旅行 ~御坊・白浜・湯浅~

新車のドライブがてら、一泊二日で和歌山へ。
和歌山方面へは、今まであまり行くことがなかったけど、
キレイな海あり、古い町並みあり、おいしいモノありの、とてもいいところでした。

(この旅行で食べたモノ、買ったモノなどについてはコチラ

*-*- car -*-*

【御坊】

紀州鉄道・西御坊駅

1511280003 1511280004

15112800061r 1511280006r

紀州鉄道は、昭和3(1928)年に設立された御坊臨港鉄道が前身の鉄道で、
JR御坊駅と、御坊市の中心部を結ぶ、
運行距離2.7キロの、日本一短いローカル私鉄だそうです。

紀州鉄道株式会社

西御坊駅~JR御坊駅の運賃は180円、所要時間は8分。
1日に22往復を運行しているそうです。
駅の写真を撮っていたら、列車が来たので、乗ってみることにしました。

1511280007

15112800 1511280008

駅には、切符売り場がないので、運賃は、降りるときに料金箱に支払う方式。
撮影目的の鉄ちゃんが来ることも多いのか、車内には、こんな注意書き↓があったりもcoldsweats01

1511280009r

住宅街や畑の中をガタゴト。
1511280010 1511280015
学門駅の入場券は、受験のお守りとしても人気なんだとか。
紀伊御坊駅は、御坊市の中心部に一番近い駅だそう。

JR御坊駅の0番のりばに到着~。

1511280011 1511280012

列車内には、「紀州鉄道乗車証明付」きで、
地元商店街のお得なクーポンチラシなんてのも置かれてました。

Rr

1511280005

御坊の町を、お買い物しつつ、のんびり散策、なんてのも楽しそう。

*-*- car -*-*

【白浜】

千畳敷
1511280020 1511280021

新第三紀層の砂岩でできたスロープ状の岩盤で、広さは約4ヘクタールあるそう。
デコボコしているのは、打ち寄せる荒波で長い年月にわたって浸食されたから。

1511280023r

長瀞((埼玉県秩父市)の岩畳みたいなもの?と思っていたけど、
あちらは隆起した結晶片岩、こちらは浸食された砂岩岩盤ということで、
できかたも見た目も、思いっきり違いましたcoldsweats01

1511280024r 

風が強くて、油断すると、飛ばされそうに…sweat01

*-*- car -*-*

三段壁(さんだんべき)

15112800410

長さ2km、高さ50mの柱状節理の断崖。
崖の先の方まで、歩いて行けるそうですが、根性がなかったので、今回はパスcoldsweats01

1511280042

断崖の下は洞窟になっていて、この建物から、エレベーターで降りて、見学することができます。
料金は1300円。

三段壁洞窟

洞窟の中から見た三段壁は、こんな感じ。

1511280044r 

この洞窟には、平安時代に熊野水軍が船を隠していたという伝説があるということで、
洞窟内には、資料に基づいて再現された番所小屋があったりも。

1511280046 1511280047r

1511280048 1511280049

1600万年前の波の模様が地層となった「漣痕(れんこん= リップル)」の岩盤とか、
ぬめぬめっとした270万年前?の岩層とかも見られる、なかなか楽しい洞窟。

見学前は、料金がちょっとお高いなー、と思ってたけど、
想像以上に楽しめたので満足ですsmilegood

*-*- car -*-*

白良浜(しららはま)

1511280050

白い砂、青い海、南国のようなイメージの遠浅の浜。
砂が白くてサラサラなのは、90%の珪酸を含む石英砂だからだそう。
といっても、近年は、砂の流出が進んでいるため、オーストラリアの砂を投入したりもしているようですが。

1511280051r 

1511280052r 1511280054

1511280055r

ここで海水浴をしたら、気持ちよさそうだけど、夏は激混みかしら?coldsweats01

*-*- car -*-*

円月島

1511280063

臨海浦の南海上に浮かぶ南北130m、東西35m、高さ25mの小島。
正式な名前は「高嶋」だけど、島の中央に円月形の海蝕洞があるので「円月島」と呼ばれているそうです。

「和歌山県の夕日100選」にも選ばれているということで、
日の入り前の円月島周辺は、カメラを持った人でいっぱいでしたよ。

*-*- car -*-*

【湯浅】

1511290030 1511290031

駅近くに建っている彼は、湯浅町出身とされる江戸時代前期の豪商・紀伊国屋文左衛門サンの若き日の勇姿。
荒海にみかん船を漕ぎ出そうとしているところ、だそうです。

調べてみたら、文左衛門さんには、豪快な伝説がたくさんあるんですねえ。
今度、関連本とか探して読んでみようっと。

*-*

湯浅町伝統的建造物群保存地区

醤油の醸造町としての古い町並みが残っている地域。

15112900

醤油の原材料や商品が積みおろしされた内港「大仙堀」↑

戸津井醤油醸造場↓

1511290014rrr 1511290014

1511290013
 
醸造に用いる麹を製造販売していた「津浦家」↑

古い醸造道具などが展示されている角長(かどちょう)醤油資料館↓

151129y01 1511290015r

151129000

黒漆喰に虫籠窓(むしこまど)がスタイリッシュな、大正10年建築の「加納家」↑

そして、江戸時代から昭和の終わりまで営業していたという銭湯が資料館になっている「甚風呂」↓
無料で見学出来るというのがスゴイです。

15112900181r

1511290017 1511290019

1511290020

浴槽は御影石製。金属の盥が、なんだかオシャレ。
ボイラー室には、釜爺が住んでそう?

1511290000

伝建地区の保存活動と、資料館「甚風呂」運営のための募金を募っていたので、心ばかりの協力を。

1511290021

1511290022 1511290023

記念に、甚風呂の湯札キーホルダーをいただきましたhappy01

湯浅は、町の人が、みな温かく、とても気持ちよく散策できるステキなまちでした。
またゆっくり見学しに行きたいなあ。

湯浅町公式ホームページ

*-*- car -*-*

【有田川】

蘭島(あらぎじま)

1511290052r

有田川の蛇行と浸食によってできた舌状の河岸段丘に、大小54枚の水田が扇形に広がる棚田。
有田川対岸を通る旧道沿いに展望スペースがあって、そこから全景を眺めることができます。

1511290053r 1511290051r

魚眼レンズで撮ってみると、こんな感じ↑
なんだか不思議な風景でした。

有田川町 >  観光マップ >  景観・名所 >  あらぎ島

2015年2月28日 (土)

かにかに旅行

松葉がにを食べに香住@兵庫美方郡香美町に行ってきました。

(食べたものについてはコチラ

*-*-cancer-*-*

香住漁港

150227r1006

イカ釣り船?の前で。

*-*-cancer-*-*

宿での夕食。

150227s004

たくさんのカニ料理にテンションがアガって、ピースしまくりup(笑)。
(ボディにアゾンのピュアニーモ フレクションS+ピュアニーモフレクションハンドパーツAセット使用)

カニのかぶりものも作ってみたんだけど、似合ってるかしら?

150227r30

おなかいっぱいカニを食べて、大満足。

150227r4r

かにをまくらに、おやすみなさい~(笑)night

*-*-cancer-*-*

宿のミニ朝市で買った、1杯7500円の松葉がにさん。

150228r01

脚に付けられたピンクのタグは、柴山港で水揚げされて、上位ランクとして選別されたあかしだそう。 選別のランク分けは100以上と聞いてビックリ(@_@)↓

柴山ガニ - 但馬漁業協同組合

*-*-cancer-*-*

香住海岸・今子浦にある かえる島

150228001

その名の通りの、カエルの形。
昔、北前船で航海に出た男たちは、この岩に、無事、香住に帰る(かえる)ことを祈願したのだとか。

15022887

今でも、「何かをかえる」(「帰る」「変える」)といったお願い事に、効き目があるそうですよ。

*-*-cancer-*-*

帰る途中、玄武洞公園@兵庫県豊岡市へ。

150228g003 150228g001

160万年前に起こった火山活動によってできた玄武岩の柱状節理の洞窟がある公園。 洞窟は、国の天然記念物に指定されていて、付近一帯は山陰海岸ジオパークでもあるそうです。

山陰海岸ジオパーク

150228

円山川沿いにある駐車場にいたのは、ヌートリア? バリバリと草を食べてましたよ。

*-*

公園で出迎えてくれた、渋くて男前の彼は、豊岡市のマスコットキャラクター玄武岩の玄さん

150228g004 150228g002

顔出しパネルはいつでも置いてあるけど、 ご本人が登場するのは、土・日・月曜日の午前10時30分からと午後2時からだけだそう。 会えてラッキーでした♪

玄武洞公園 - 豊岡観光おすすめ情報サイト「とよおかステッチ」

洞窟の見学は無料ですが、有料でガイドさんに案内してもらうこともできます。 自分で見ただけでは気づかない事を説明してもらえるので、時間があるならおすすめ。

150228g013

ガイド料金は、玄武洞と青龍洞を回る約30分のコースで300円。
入館料600円の玄武洞ミュージアムとセットの共通チケットだと750円と、オトクですが、 両方を見学するなら、かなりの時間的余裕を持っておいた方がいいかも。
(私たちは、今回1時間くらいしか時間をとってなかったので、ミュージアムは、ざっとしか見られませんでしたsweat01

NPO法人 玄武洞ガイドクラブ

玄武洞ミュージアム

*-*

玄武洞

150228g03 150228g005

流れ出したマグマが冷え固まる時に、規則正しい割れ目を作り出し柱状になったもの。 洞穴は、自然のものではなくて、江戸時代からの採石場の跡だそう。

「玄武洞」の名前は、江戸幕府の儒官・柴野栗山によって命名されたそうです。

150228g006 150228g012

人の手で削られたような六角形は、柱状節理によって自然にできたもの。
「玄さん」の顔の形は、この玄武岩の形だったんですね。

玄武洞ミュージアムでは、この六角形がどうやってできるかを説明したビデオがあって、わかりやすかったです。
そうそう、「玄武岩」は、明治17(1884)年、東京大学の小藤文次郎博士が、岩石の日本名を決める時に、玄武洞にちなんで命名したものだそう。
「玄武岩」より「玄武洞」の方が先だったとは、ちょっと意外でした。

*-*

青龍洞

150228g008 1502288

150228g02

縦に伸びる柱状節理の白さと曲線が、とても優美。
水に映ったところも、とてもキレイでしたが、写真にはうまく撮れずsweat02

*-*

青龍洞から見える田んぼには、イノシシやコウノトリがいたりも。

150228g020r 150228g023r
150228g024r

コウノトリの飛ぶ姿も、とても優美でしたshine

*-*

朱雀の尾羽のような南朱雀洞

150228g010

*-*

横向き柱状節理の白虎洞

150228g011

*-*-cancer-*-*

てなところで、見学終了。
次回は、ミュージアムもじっくり見たいなあ。

2015年1月17日 (土)

ANAオリジナル CAリカちゃん

ANAグループが、2015年2月1日から客室乗務員、地上旅客係員、ラウンジスタッフの制服を一斉にリニューアルすることを記念して、2015年1月1日から販売したオリジナルリカちゃん。

ANAプレスリリース 新制服を着た「ANAオリジナルCAリカちゃん」の販売を開始いたします

150117001 150117002

機内販売とインターネット販売、2種類の商品があって、これは機内販売バージョンの方。
販売価格は、国内線5000円(税込み)、国際線4600円(免税価格)ですが、
ANAカードを使うと、4500円(税込み)になって、さらにマイルも付くので、オトクでした。
(って、実際に買ったのは、私ではなくて家人だけど(^^;)

1501170081

「爽やかなショートボブと、CA風のメイクを施しております」という、華やかで、ちょっぴりオトナっぽい雰囲気のリカちゃん。
髪は、スタイリング剤のようなものが付けられているのか、普通のリカちゃんの髪より、手ざわりがしっとしりていて、スタイリングキープがしやすいです。

1501170042r 150117005r

着ているのは、ANAキャビンアテンダントの新制服を、「実物に忠実に再現した」ものだそう。

ニューヨークの新進気鋭デザイナー、プラバル・グルン氏が、「挑戦」「変化」をコンセプトに、ANAのコーポレートカラーである「ブルーライン」を大胆に取り入れたデザインということで、ブラウスの襟元やジャケットとスカートの背面に、スッと伸びる青い線が、キマってます。

実際の制服は、ブラウス、ジャケット、スカート、スカーフのようですが、
このリカちゃんが着ていたのは、後ろ開きのジャケットに、見せかけのブラウスが付いたものでした。
150117006 150117007
着せやすくていいけど、ジャケットが前開きで、ブラウスは別、さらにエプロンも付いているというインターネット販売バージョンも気になります~(^^;

150117003
付属のピンクのヘアブラシは、「ANAオリジナル」だそう。

髪のセットの仕方で、けっこう雰囲気が変わりますね。
1501170080r 150117009
マニッシュな服から、しっとりしたキモノまで、幅広く着こなせそう♪

2015/01/17 ANA国内線機内で購入。

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ