Honda Racing F1リカちゃん

2017年3月21日 (火)

にゃんこと一緒

帰省中の雨の一日rain
弟夫婦が飼っている猫(ノルウェージャンフォレストキャット 13歳)と、
おうちで、のんびりまったり。

1703210002


1703210001 1703210005

リラックスしてる風に撮ったつもりだったけど、
行き倒れみたいに見えますねcoldsweats01

2017年3月20日 (月)

埼玉県こども動物自然公園

帰省ついでに、弟夫婦と一緒に埼玉県子ども動物自然公園に行ってきました。

1703200001r

1703200002r 1703200003

東松山市にある埼玉県立の動物園で、入場料は、大人(高校生以上)510円。

公式サイトには、「こどもが動物たちと親しんだり、自然観察の楽しめる動物園です」と説明されているけど、
大人だけでもじゅうぶん楽しめます。

埼玉県こども動物自然公園 Saitama Children's Zoo

*-*-*

園内にいるのは、シマウマやキリン、レッサーパンダ、オオアリクイ、コアラ、ナマケモノ、マヌルネコなどなど。

1703200004r 

1703200006 1703200008

1703200028r 1703200060

1703200026r 1703200039r

草食動物がほとんどだけど、ワラビーなど放し飼いになっている動物もいるし、
牛や山羊、うさぎなどとふれあえるコーナーもあります。
園内が広く、ひとつの動物に人が集中することが少ないので、
ゆっくりのんびり見学できるのもイイ感じです。

*-*-*

個人的にツボだったヤブイヌ。

1703200029 1703200030r

最も原始的な犬の仲間だそうですが、犬というよりかわいい熊って感じ。
水辺で暮らしているので、指の間には水かきもあるそうです。

*-*-*

もうひとつツボだったカンガルー。

1703200061r

裸婦像のような気だるげなポーズがステキです。

*-*-*

マーラ舎には、2月末と3月はじめに生まれたばかりの赤ちゃんも。

1703200020 

1703200021r 1703200022r

1703200023r

横になってるコ、なんか目つきがアヤシイです(笑)。

*-*-*

シカとカモシカの谷にいたカモシカさん。

1703200050 1703200051

17032000521r

シカの角は、毎年抜け落ちて新しいのと生え替わるということで、
抜け落ちた鹿の角を持ってみることができるコーナーもありました。

*-*-*

ペンギンヒルズ。

1703200031 1703200032

1703200033 1703200034

「鳥インフルエンザ」の感染を防ぐため、
通り抜けの出入りや、えさやりのイベントは中止になっていましたが、
ペンギンの生臭さを感じられるくらいの近さで見学できて、楽しかったです。

*-*-*

恐竜コーナーとか、こどもの城とか。

1703200035 1703200036r

1980(昭和55)年にできた施設だからか、恐竜の立ち姿が古いです(^^;

*-*-*

カピバラちゃん。

1703200049r

1703200041 

今回のメイン目的は、お風呂に入るカピバラが見られる「カピバラ温泉」を見ることでした。 

1703200040 1703200042

1703200044r 1703200045

この日は気温が高く、カピバラちゃん達はなかなかお風呂に入ってくれなかったけど、
夕方には目を閉じてのんぴりくつろぐ2頭を見ることができました。

今度は冬の寒~い時期に行かなきゃ。

*-*-*

こども動物自然公園の敷地内には、
「大東文化大学ビアトリクス・ポター資料館」というのもあったので、立ち寄ってみました。。

1703200009 

1703200010 1703200014

入館料は高校生以上200円。

イギリスにあるヒルトップ農場を再現したという建物の中には、館内には、ビアトリクス・ポターの著書である「ピーターラビット」シリーズの初版本や原画などが展示されています。

ヒルトップ農場は、ピーターラビットシリーズの挿絵にもたびたび出てくるので、
絵本のシーンと見比べるのも楽しいかも。

資料館近くの広場には、ピーター目線になれる遊具?もありました。

1703200015

*-*-*

ランチは、園内にある「もりカフェ」で。

1703200037

ピザクレープとストロベリーティー。
ウッドデッキで、のんびり~。

*-*-*

乳牛コーナーの近くある牛乳の自動販売機は、
商品が出てくるとき、「モー taurus」と鳴きます。。

1703200024 1703200025

わたしとぼくの「わたぼく牛乳」。
埼玉県東部では学校給食でお馴染みらしいです。

森乳業株式会社 | わたしとぼくの『WATABOKU(わたぼく)』ブランド

2017年1月19日 (木)

播州清水寺

清水寺に行ってきました。
といっても、京都の清水寺ではなくて、兵庫県加東市にある清水寺です。

1701190001 2017_01210065

京都の清水寺は西国三十三観音第16番札所で、こちらの清水寺は西国三十三観音第25番札所。
区別するために、播州清水寺とも呼ばれているそうです。

播州清水寺

入山拝観料は500円。

境内は結構広いので、てくてく散策。

1701190002

1701190003 1701190004

薬師堂に安置されている十二神将は、「せんとくん」の制作者でもある籔内佐斗司氏の作。

十二神将というのは、薬師如来の守護神だけど、
この造形だと、ゲームに出てくるモンスターのようにも見えますねcoldsweats01

*-*

大講堂は、大正2年に再建されたものだそう。

1701190007 1701190006

1701190009

*-*-*

地蔵堂脇には十月桜が咲いてましたよ。

1701190010

*-*-*

鐘楼。

1701190012

*-*-*

そして、寺号の由来になったという湧き水「滾浄水(おかげの井戸)」。

1701190018

1701190013 1701190015

このあたりはもともとは水に乏しい土地だったけど、
開山法道仙人が水神に祈ったところ、霊水が湧き出たので、
そのことに感謝して「清水寺(きよみずでら)」と名付けられたのだとか。

この井戸をのぞき込んで自分の顔を写すと、寿命が3年延びると言われているそう。

1701190014

リカものぞき込ませてみたけど、寿命はのびるかな?bleah

2017年1月 1日 (日)

謹賀新年2017

002_2

今年は、心にゆとりをもって、
周りの人をうっとりさせるような、しっとり、おっとりした雰囲気を身につけ、
色とりどりのストーリーを描く、ケッコーな一年にしたいなーheart01と思います。

今年もどうぞよろしく。

*-*-*-*

酉年なので、フロレンティン・ホフマン氏のラバーダックのレプリカと一緒に。

服は、リトルファクトリーで買った白いパーカーに、
赤いフェルトのトサカと黄色いフェルトのクチバシを乗せた
「なんちゃってニワトリ」ですcoldsweats01

2016年4月12日 (火)

しあわせのリカちゃん展

狭山市立博物館(@埼玉県)の開館25周年記念の企画展、
「しあわせのリカちゃん展」に行ってきましたnote

1604120001

会期は、2016年3月19日(土)〜2016年5月29日(日)で、入場料は300円。
(リカちゃんキャッスルのファミリー会員なら、会員証提示で250円。

狭山市立博物館

リカちゃんキャッスル キャッスルニュース

*-*

狭山市立博物館は、西武池袋線の稲荷山公園駅からすぐ。


1604120002

稲荷山公園は、桜の名所なので、
埼玉に住んでいた頃は、仕事帰りにお花見に行ったりしてました。
(そのときの記事はコチラ

ってことで、今回も、ちょこっとだけお花見気分cherryblossom
(ほとんどの桜は散っちっゃてたけどねcoldsweats01)。

*-*-*

さて、「しあわせのリカちゃん展」。

---ネタバレになるかもです。注意danger----

1604120003 1604120005

展示室の入り口には、「あなたのリカちゃんを撮影しましょう」という
記念撮影コーナーがあったので、早速、持参したリカを出して、撮影(笑)。

1604120004r 1604120006

リカちゃんに身長差があるのは、
持参したリカのボディが、オリジナルのものではないから。
(アゾンのピュアニーモ フレクションSに換装)

スタンドに立てる&2体同時に撮影するのは、、
自然なポーズにするのが、難しかったですsweat02

*-*

…と、ひとしきり写真を撮ったところで、展示室へGo!

1604120008r 16041200r

受付で確認したら、展示室内も撮影OKとのことでしたgood

*-*

狭山だけの特別展示という
「桜まつり リカちゃん」と「狭山茶摘み リカちゃん」。

1604120010 1604120011r

1604120012

幻想的な雰囲気の「桜まつりリカちゃん」もステキでしたが、
茶摘みリカちゃんの可愛いらしいことといったら!
非売品なのが残念なくらい。
狭山市のオリジナルグッズとして販売してくれたら、即、買うのなあ。

*-*

展示は他に、季節ごとのシーンとか。

1604120015 1604120017r

2016_04210527 1604120016

*-*

歴代のリカちゃんとか。

1604120019 1604120018
初代さんと2代目さん

1604120020  1604120022
3代目ちゃん(左の写真)と4代目ちゃん(右の写真)。
ぽーっとした表情の3代目ちゃん、カワイイです。

1604120021
3代目ちゃんと4代目ちゃんで、ぐぐっと顔が変わってるんですね。

*-*

リカちゃんハウスと、歴代ママとか。

1604120027 1604120028

1604120029 1604120030

初代ママ(写真 上段左)が、めっちゃ色っぽくて、びっくり(笑)。

*-*

企業などとのコラボレーションリカちゃんとか。

1604120023

2016_04210498r 2016_04210540r

マクドナルドリカちゃん、ミスタードーナツリカちゃん、
ピザーラおとどけリカちゃん。

1604120026 1604120023r

阪急オリジナルリカちゃんと、くまモンリカちゃん。
がんばれ熊本!

16041200241 16041200251r

「ANAキャビンアテンダントリカちゃん」と「日本レストランアテンダントリカちゃん」。
うちにも同じコがいるけど、こうやって展示されると、ちょっと雰囲気が違って見えますね。

1604120031 1604120032

他にも、人形や小物が、たくさん展示されていて、なかなか見ごたえがありました。

*-*-*

展示室の外には、塗り絵で遊べるコーナーもありましたよ。

1604120033r 1604120034

*-*

1時間くらい、ゆっくりと展示を見たあとは、館内にある「稲荷山カフェ コメと茶」で、
リカちゃん展とコラボした和スイーツセット500円をいただいて、ひとやすみ。

1604120040

桜アイス、花見だんご、狭山茶のセットに、
茶摘みリカちゃんのポストカードが付いて、500円。
桜アイスが、とてもおいしかったです。

1604120043
セットに付いていたミニチュア傘は、リカに持たせたら、こんな感じでした(^^)

2016年3月29日 (火)

2016春 四国旅行 -中野川・丸亀城・栗林公園-

今年も、四国へ、釣り&観光旅行。
(この旅行で泊まった場所、食べた物などはコチラ

*-*-*-*-*-*- fish -*-*-*-*-*-*

まずは、中野川@高知県吾川郡いの町 で釣り。

1603270001

昨年、ヤマメのかぶりものを作って、いい釣果が出せたので、
今年は、イワナバージョンを作成してみました(笑)。

1603260001 1603260002 1603260004 1603260003

16032800r

が。
やっつけ仕事で、かぶりものの出来がイマイチだったせいか
(茶色の色合いと、出っ張った白い斑点が、イボガエルのようと不評(苦笑))、釣果もイマイチsweat02
かなり悔いの残る結果となりました。
釣りも手芸も、もっと精進しなければいけませんね(^^;

1603270002

川の近くには、満開の梅。とてもいい香りがしてましよ。

*-*-*-*-fish-*-*-*-*

釣りの後は、香川県に移動して、観光。

◆丸亀城

160329m0 

@香川県丸亀市。
標高66mの亀山の上に築かれたお城です。

*-*

1603290002
大手一の門。

1603290015 1603290016

大手一の門楼上。思っていたより広く明るくてびっくり。
太鼓が置かれているのは、旧藩時代、ここで時報用の太鼓を鳴らしていたから、だそう。

*-*

顔出し看板iに描かれているキャラは、「京極くん」と「うちっ娘」ちゃん。

1603290001

京極くんは、戦国の世から現代に舞い降りた武将、
うちっ娘は、まつりで踊るのが大好きなお姫様で、
ふたりが手に持っているのは、丸亀の名産品のうちわ。

顔出し看板の写真だけじゃ、どんな顔かわからないよー、と思った人は、
丸亀市の公式ページをチェック!(笑)

丸亀市>丸亀市のキャラクター誕生!

*-*

天守までは、けっこう急な坂道をてくてく。

1603290003

*-*

丸亀城は、石垣の美しさでも有名なんだそう。

1603290004

緩い勾配が、しだいに急になり、上部は、ほぼ垂直という「扇の勾配」を持つ石垣には、
「ギュイ~ン!!」という擬音が似合いそう?

*-*

二の丸跡。

1603290005 1603290006

桜は、まだ咲き始めたばかりでした。
満開になったら、キレイでしょうねえ。

*-*

「二の丸井戸」は、深さ三十六間(約65メートル)で、日本一深い井戸といわれているそう。

1603290007

1603290009 1603290008

「現在も水を湛えている」と書かれていたので覗いてみたけど、
深すぎて何も見えず(^^;

*-*

二の丸から見た天守。

1603290010 1603290011

*-*

そして、三の丸。

1603290012

丸亀城の天守は、1660年に完成したもので、高さは約15メートル。
全国に12しか残っていない木造天守のひとつなんだそうです。

1603290013

*-*

天守台から城下を見下ろす。

1603290014

桜の時期には、ちょっとだけ早かったのが残念。

*-*-*-*-*-*-*-*- chickchick -*-*-*-*-*-*-*-*

◆栗林公園(りつりんこうえん)

160329r0001

@香川県高松市

高松藩の歴代藩主が百年余りの歳月をかけて完成させた、日本を代表する大名庭園。
ミシュランガイドでは、三つ星に格付けされているそうです。

国の特別名勝に指定されている庭園の中で、最大の広さ
(借景となる紫雲山を含めると広さ75haで、東京ドーム16個分)ということで、
とにかく広くて、なんだかとらえどころがない感じ(^^;

*-*

園内には松がいっぱい。
(公園全体で1400本ほどの松があるそう)

大正時代の皇族方や英国皇太子お手植えの松。

160329r0002

同じような高さの松が並ぶ様子に、ふと「おそ松さん」が思い浮かんだりsmile

*-*

「根上がり五葉松」は、徳川11大将軍家斉から拝領した盆栽を
地に下ろしたものが成長したもの。

160329r0005 

小さな盆栽も、100年以上たつと、こんなに大きくなるんですねえ(@_@)
元の盆栽がどんなカタチだったのかも、気になる~。

*-*

根上がり五葉松の横には、数寄屋造りの「掬月亭」。

160329r0004

*-*

松の向こうにあるのは、広さ7900㏊という南湖。

160329r0006r 160329r0008

池には島や石組。
この池を、船で回遊したりもできるそうです。

*-*

160329r0010r

これは、どこで撮った写真だったかしら?(^^;

*-*

築山「飛来峰」から見た南湖。

160329r0012

園内随一のビューポイントと言われるとおりの、すばらしい眺めでした。
ホント、よく考えて作られた庭園ですよね。

*-*

こちらは、築山「芙蓉峰」から見た北湖。

160329r0013r

飛来峰は人がいっぱいだったけど、
芙蓉峰には他に人がいなかったので、家族も人形を撮影(笑)。

160329r0

人形との距離が違うと、かなり雰囲気が違う写真になりますね。

*-*-*-*-*-*-*- ship -*-*-*-*--*-*-*

四国への往復に使ったのは、
神戸三宮とうどん県高松を結ぶジャンボフェリー。

行きは、深夜便で、周囲は真っ暗だったので、帰りの便で撮影しました。

160329j001r

高松東港近くで、撮ってみたけど、遠くて、よくわかりませんね(^^;

屋上展望デッキで。

160329j003r

2016_03300256r

船が走っている時だと、風が強くて、髪が大変なことになります(^^;

*-*

「ジャンボ・トらやん」ともツーショットheart01

160329j0021 160329j002

ぱっと見可愛いんだけど、ちょびひげが微妙(笑)。

2015年9月22日 (火)

碇高原牧場

またまた「海の京都」へドライブ。
牧場があったので、昼食がてら立ち寄ってみました。

京都府農林水産技術センター畜産センター の放牧場のようですが、「ふれあい広場」なんていうエリアがあって、ちょこっと動物と遊べるようになってました。

京都府農林水産技術センター畜産センター

1509220001

台地状の地形を利用しているそうで、遠くには日本海が見えたりも。
1509220003

この日、至近距離にいたのは、羊さん、馬さん、山羊さん。
1509220004r 1509220005

さわれるくらい、すぐ近くにいるんだけど、よく動くので、うまく目線を合わせられずsweat01
1509220009


ランチは、牧場のお隣にある碇高原ステーキハウスで、ハンバーグ。
1509220100
サラダ・ドリンク付きで1700円でした。

碇高原ステーキハウス

1509220002
カントリー服でも着せてくればよかったわ。

2014年4月12日 (土)

びわ湖バレイ&常照皇寺でお花見

桜の季節。
1404120001
桜と琵琶湖が楽しめるというびわ湖バレイに行ってきました。


びわ湖バレイ


入り口のゲートで500円を払って、駐車場へ。
2014_04120005 1404120002
駐車場までの道と、駐車場には、約1000本の桜が植えられているそう。


雪の残る山と満開の桜を同時に眺められる場所って、
大阪近郊では、あまりないような?
1404120003


1404120004
なんだかちょっぴり、信州や越後や会津の桜を思い出しましたよ。

  
びわ湖を望む「望湖桜」は、ここならではの景色。
1404120006r
靄がかった空気で、湖が青く見えなかったのが残念ですが、
まあ、この、もやーっとした感じも、春っぽいのかなとsmile


ロープウェイにも乗車。
1404120007 1404120008 
さくらまつり開催中ということで、
ロープウェイ料金も、通常は往復1900円のところを1000円と、オトクになってました。

約5分で、標高1100mの打見山山頂へ。
1404120009
ああっ、風で、髪の毛がボサボサにsweat01


びわ湖展望台からは、びわ湖が一望。
1404120010 1404120014
ここにも、「恋人の聖地」のモニュメントが!(^^;)

打見山展望台からは、堅田の街や琵琶湖大橋が見えたりも。
1404120012 1404120016 

後ろに見えるのは、標高1174mの蓬莱山。
1404120011


 1404120013
冬は、リフトも動いて、蓬莱山頂コースというゲレンデになるそう。
ここを滑ったら、爽快でしょうねえ。

1404120015
登山やハイキングのコースもあるそうなので、
夏にでも、また来てみたいなあ。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


びわ湖バレイの桜を堪能した後は、
天然記念物の九重桜や、岩倉具視が御所から移植した左近の桜、
御車返しの桜などが見られる、京都の常照皇寺へ。
(人が多かったので、人形の写真はありませんが(^^;)
140412j011駐車場脇の紅枝垂桜

京都府 歴史的自然環境保全地域 常照皇寺

常照皇寺は、貞治(じょうじ)元年(1362年)に、光厳(こうごん)法皇によって開かれた、
臨済宗天竜寺派に属する禅宗寺院。
140412j001


140412j002 140412j003
歴代天皇の帰依を得た皇室ゆかりのお寺ということで、
塀に五本の線(定規筋)が入っていたり、あちらこちらに菊の紋が入っていたり。

11年前に来た時は、建物内には入れなかった気がするんだけど、
今回は、方丈の入り口に受付があって、
拝観料は志納(「お1人様300円~500円程をお供え箱へ」)となっていました。

140412j004 140412j007

140412j005 140412j006
方丈は、広くて開放感があり。
方丈から見える庭園と、薬師如来さまとの位置も、絶妙でした。

左近の桜は、まだつぼみ、
九重桜も、満開にはちょっと早かったけど、
びわ湖の桜とはまた趣の違う、京都っぽい、はんなりした桜を楽めて、よかったです。
140412j008 140412j009

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ